2015年10月28日

歯石除去術

久しぶりのギン日記でございます。

4月くらいから歯石取らないとねぇと医者に言われてて
夏はあちーから涼しくなったらねぇと10月。
よーやっと決行致しました。

歯石取るくらいでなんでそんなにイキんでんだって?

そりゃそーですよ、歯石取るのに全身麻酔なんですもの。
だから術の一週間前から尿検査やら血液検査やら。

DSC_1513.JPG
不安気なギン。

結果:
まずは歯石は全て取り除き、骨まで行ってるとこはなくて
歯周ポケットも最大で4mm。
なので抜かなくてはならない歯はゼロ。ふぅ〜っ。よかった。

麻酔がまだ残ってるからなのか時折フンフンと甘え鳴き。
これからはちゃんと歯磨きします。ごめんなさい。

posted by ぶうちゃん at 23:02| Comment(0) | ギンの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ドリンクホルダー

ここのところ、まちゃロス・・・。じゃなくてSlayerロス状態でございます。
な〜んか気の抜けた感じ。
本来であればラウパー行って一日中重低音の中に身を委ねるところなのですが、
やっぱり単独のSlayerを見たかったわけです。
いわゆる四天王と呼ばれる最後の一角をようやっと制覇した感じです。←どんな感じ??

最初はMETALLICA。ジャスティスツアーでした。代々木体育館でしたか?ね?
ってもそれ以降のアルバムに全く興味がなくなってしまう。
んでお次はANTHRAX。もうすでに会場は失念致しておりまして。
そしてMEGADETHとなるわけですけど、武道館でのCOUNTDOWN TO EXTINCTIONのツアー時に
チケットを入手したのにもかかわらずムス大佐本人がドラッグからのリハビリの為来日ならず。
泣く泣く払い戻し。
そして10数年たってよーやっと中野サンプラザでUNITED ABOMINATIONSツアーにて実現。

んでもって今年。よーやっと見ることができてなんとなくホッとした感じです。


あ、今日はそんなことを書くつもりはなかったのだけど、
この間のドライブのあとにコレ付けました。

DSC_1346.JPG
コレ、自転車のドリンクホルダーですけど、
S660にはこの自転車のドリンクホルダーが付くようになってるんです。
なんだか面白いね。

くるまのお話とか言いながらのっけからメタルネタ。これはこれでありですな。

posted by ぶうちゃん at 22:50| Comment(0) | くるまのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

パープルライン

先週納車されておりましたS660。

DSC_1483 (1).JPG
この子のポテンシャルはいかに。
ってんで本日はS君に乗って筑波のパープルラインに行ってみました。

ナビが付いとらんので久しぶりに標識を頼りにパープルライン入口方面へ。
どうせなら尾根道全部行っちゃえってんでフルーツラインじゃないとこから入ったら、
途中ダート道になってしまい、あやうく亀の子状態になるところでした。あぶね。

DSC_1504.JPG
しかしまぁ、屋根がないってのはこんなにも解放感!なんすねぇ。
よーやっとフルーツラインへ入って右へ左へとカーブを曲がる。

曲がる

曲がるぅ〜!

なんなんだこの感覚は。
じつはオイラこんな重心の低い車に乗るのは初めてでして、
しかも背中にエンジンってのも初めてなもんだから、
この経験したことのないこの、何と言いましょうか
レールを敷かれているような、ん〜そんな感じ。

やばいです。
これは楽しい。

んで、朝日峠P。
やっぱりそれっぽい車が集まっております。
小用を済まし景色を眺めながら一服。

DSC_1507.JPG
そしてさらに上り始め、ちょいとしたPに止めて
景色を見てみると遠くに霞ヶ浦西浦がキラキラと見えました。

ある程度登って引き返す。
その下り道の途中、ハザード焚いてる車が列になっている。
どうしたんだ?と思ったら「それっぽい車」がブッシュに突っ込んだかで


クラッシュ!


途中途中で見かけるタイヤのスリップ跡がまっすぐ壁に繋がっているのを見ると、
ココはあまり車が少ないときに来ると危ないかもしれないなと。

まぁまぁそんなリスクはありつつも、NEOVAのハイグリップも手伝って、
快適な峠道、堪能致しました。

posted by ぶうちゃん at 20:36| Comment(2) | くるまのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

気持ち良い良い!

新木場StudioCoastにてスレイヤーのライヴに行ってまいりました。


DSC_1491.JPG
サークルピットやらモッシュやら。
矢継ぎ早に繰り返される良質のサウンドおよび音圧にただただ圧倒されました。
あまりの気持ち良さに恍惚となってしまいました。

この人たちは50を超えておりますが変わることなく現役。
また来てくれるとよいなぁ。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(0) | ぶうちゃんの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする