2015年07月31日

灼熱の霞ヶ浦

超久しぶりの平日釣行!のんびりやってきましたヨ!


DSC_1459.JPG
朝一に船をポチャンと落とす。
朝一なので近隣迷惑にならんよーにと水門出るまでエレキのみで。

ってもポイントもすぐそこなので結局ノーエンジン。

出て左のアシをダブルスイッシャーで流す。
岬状に張り出したその先端が窪んでるとこで

バゴン!と出たぁぁぁぁぁああああ!

あーやっぱバス釣りってのはいろんな楽しみ方がありますねー。
ベタ凪のドシャローが一瞬にして沸き立つわけですからドキドキもしまさーね。
あいにくと乗らず、それから三連発で出たのだけど結局乗せきれずにトップタイム終了。


日も上がってカンカンと照ってきたので明確なシェードとなる潮来の港下へ。
先行者が居たので後ろに回ってスモラバを最奥まで入れてスイミング。
柱にはフリーフォール。
そんなフリーフォールにココンとラインが走る。
が、しかし子ズーナマ。最近は子ズーナマが良く釣れますね。

DSC_1461.JPG
その後ズーナマ5、バス2匹。ズーナマ率高し!

DSC_1462.JPG
ルアーはすべてコレ。スモラバにダブルモーション2.8in


それからナサカの石積み杭へ。ダブルモーション2.8inのチェリーにて子バス君抜きあげ。
再び潮来の港下へ入りなおしたけどもうおらんかってん。

11時もまわりギンギンギラギラと容赦なく太陽の光が皮膚を刺す。
もうこれまでか。と、気持ちを切り替えて今後のためにと西ノ洲浚渫をマーキングしに。

残念ながら昔よくやった通称(自称?)ぶーちゃんブレークは見つかりませんでしたが、
1mから2mの壁が20mほどのとこをマーキング完了。そんな壁を半田ジグ3/8ozをズリズリフォール。
まずはゴイニーが顔を出す。

ちょいとブレイクが分かりづらくなってきたのでブイ打って明確にして
何投目かでゴンと来た!あまりにも重たいからこりゃ巨大ズーナマだなと
ゴリ巻きしてると見えてきた魚体が砲弾型。

「?」

いいの出たとよー!とヨンゴーくらいかなとメジャーをざっと当ててみると
50を超えとる。ん?意外とデカイ。こりゃ口閉じ尾開きでしっかり測らないとと。

DSC_1465.JPG
で、49cm 1,600gのナイスフィッシュっしゅー!イェイ!


ホントは夕まづめまでやろうと思ってたのだけど、この一匹でそんな気も失せ、
純輝でミソ大盛りを滝汗流しながら食って帰りました。

posted by ぶうちゃん at 22:42| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。