2015年08月10日

レイカーズ第8戦

さてさて、レイカーズ第8戦は利根川での戦いです。

DSC_1470.JPG
今回はエモさんとまのっこさんと同船。
まずは前週に考えた今回のプランをば。

日が高くなってからの光と風を考慮し、まだ弱いであろう前半は北東岸。
1.朝一番目は東関道下流にある0.5m〜8mのブレイクから、アシのディープ隣接シャローにてサーフェイス系を巻く。
フォローは壁にフォールベイト。水位によってはアシ際も。小見川大橋付近まで。
2.東関道テトラが空いていれば入る。際でも水深4、5mくらい。遠投にてフットボール、ディープクランクなどで沈みテトラを。際をペンシルなども出たらデカそう。←コレ妄想
フォローにスモラバ、ネコにてフォール。
3. 鹿島線付近のディープ隣接アシ際をセンコーノーシンカー。スローに。
4.国道51号越えて左岸のテトラ帯。2と同様のアプローチ。

後半(11時以降)はその時点で釣れてるかで判断。釣れてれば前半のポイントをローテーション。釣れていなければ右岸側のシェードディープ隣接アシおよび下流の東庄船着場の縦ストをひたすらフォールおよびアシ島にてノーシンカー。


これは当然のことながら気象状況とかを全く考えないで立てたプランなんだけど、
実際はどーだったんでしょか。

まずは1.
ブレイクポイントは先行者ありにてパス。なので小見川大橋付近のアシにて。
当日はローライト、微風にて想像以上に涼しい感じ。現地の水質もイイ感じなので
こりゃ巻くしかないでしょ!ってんでIBを巻きましたが一回だけチョイバイトがあったのと、
ワンチェイス。あとはハゼの猛烈バイト。ハゼ君はアグレッシヴです。

んで2.
この時点でチョイと焦りが出始める。まったくプラン通りのルアーを投げられず、
弱気なフォローベイトに転じる。

そして3.
ディープ隣接なだけになんだか期待大ではあったのだけど、ディープ隣接なだけに
タイミングに左右されがちと思われ。

最後の4.
3〜4mの沈みテトラにてよーやっと。300gを絞り出す。
どーやら沈みテトラの中に潜んでいるらしく、その後もポツポツとバイトがあり、
すっぽ抜けやらラインブレイクやらのミス連発にてキャッチに至らず。
んで、なまじっかバイトがあるもんだからそこから抜け切れず、時間を浪費してしまう。

その時点で13時。

今回は14時までなのであと1時間。とりあえず51号右岸テトラへ入って巻くが
強風にてルアーコントロールがままならず釣りにならず。

対岸へ渡ってアシ。そこでIB投げてたエモさんに待望の2フィッシュ目。
そこでタイムアップ。


そして反省会。


1.まずは一つ一つのポイントで時間をかけ過ぎた。
ポイントのローテーションするとか言ってましたが
その距離があまりにも離れすぎてた。ま、これはある程度通えば分ってくることかな。
2.ミスが多かった。
ラインブレイクが多い。やはりテトラ帯をやるにはラインが細かったか。
3.アシでの船の流しが雑であった。
もう少し丹念に流すべきだったんじゃないかなと。

答え合わせをした感じでは入賞者は全てシャロー。
場所はそうは変わらなかった。
オイラの釣ったテトラでの釣果は見られず。
やはり答えはシャローでのタイミングを計ることとじっくり加減なんでしょうか。
ポイントローテーションもコンパクトにすれば良かったかなぁ。

そんなこんなで利根川戦終了。箸にも棒にもかからない結果でしたが
ひじょーに楽しめた大会でした。ありがとー!


そして今回初大会のまのっこさん、残念ながら大会中は釣れなかったけど、
じゃじゃぁってことでヨコトネで残業。


DSC_1472.JPG
48って。デカ過ぎだろっ!よかったねー!


12時間乗船お疲れ様でございました!

posted by ぶうちゃん at 22:27| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大会お疲れ様でしたー!

慣れないバスボートでの釣りでしたが、おっさん、ぶうちゃんの温かいご指導のたまもので48pでましたw
大会で出てくれれば文句なしだったのですが、それは次回って事で!
またお願い致します♪
P.S
相互リンクありがとうございますー♪
Posted by まのっこ at 2015年08月11日 12:14
お疲れさまでしたー!
楽しかったっすねぇ。
また遊んでやって下さいませ!
Posted by ぶうちゃん at 2015年08月11日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。