2016年06月15日

モデリングアンプって?

オイラが最初にギターを手にしたのが30年前。高校3年生でしたか。
その頃のギターアンプといえばチューブかトランジスタ。

それが今やモデリングアンプとな!

なんや?モデリングアンプって。
色々とググったりして調べた結果、
ぬぁんとさまざまなラックを疑似的に再現して鳴らすとな!


さまざまなモデリングアンプの中でLINE6に的を絞り、
ショップへ。

しかし、部屋の中で鳴らすにはデカ過ぎる(音がね。)とのこと。
小さい音でイイ音だとこちらがおススメとのこと。

IMG_0180.JPG
それがコレ。YAMAHAのTHR10X。
昔のラジカセサイズで10W。
しかし、音はマーシャル100W的な音を出してくれる。
まーバーチャルとはいえよくもここまで再現してくれるもんです。

IMG_0187.JPG
PCにUSBにて繋ぐとPC側でいろんなエフェクター選べて細かいセッティングもできるという。
うちの押入れにセッティングしてみたけどこんだけのスペースに納まりんす。
iPhoneも繋いで音楽鳴らしながらそれに合わせて弾くことも出来る。


なんてデジタルな世界なんだーーーーーっ!

平成のこの世は実はとてもいい世界なんでしょか。

IMG_0182.JPG
気合入れて指動かしたら腱鞘炎に・・・。



【関連する記事】
posted by ぶうちゃん at 00:00| Comment(0) | ギターのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。