2016年07月03日

弦張替え

本日は、池袋のFujigen Custom Houseへギター持って行ってまいりました。
2弦3弦の3Fあたりを押さえて弾くとビビる感じがあったので調整に。

で実際店員さんに見せてみると、
「これはビビりとは違いますねぇ。アンプから出てないし。気にしないことです」
とキッパリ。そんなもんなのねと納得して、
そこでネックの反りの特徴などの説明を受けました。
キレイに順反り、逆反りになるネックはほとんどなくて
ひねったように反ることが多いとのこと。

ついでに今回は持ち込んだ弦の張り替えを依頼しました。

IMG_0193.JPG
今後自分でやるので写真撮らせてもらいました。

IMG_0192.JPG
まず気をつけなくてはならないのは弦を緩める前に必ず
ブリッジに厚紙を挟むこと。緩めるとブリッジが後ろに引っ張られて
ボディ傷つけちゃうとこのこと。確かに。

IMG_0195.JPG
んで弦を張っていくわけですが、ボディー裏から通して
途中引っかかりがないようにピンとしてヘッドへ。
弦の長さはペグ2つ分くらいのところでカット。

IMG_0194.JPG
先っちょをこれぐらいクランク状にペンチで曲げる。
あとはくるくると巻いていく。

IMG_0196.JPG
たまに外巻してる人いるけど、このギターは内巻きです。(これって当たり前?)

張ったあとは弦を伸ばしながらチューニングして終わり。
オクターブチューニングは弦の太さ変えたときや弦高変えたときにやるので
それはまた次回!

posted by ぶうちゃん at 00:00| Comment(0) | ギターのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。