2016年07月03日

弦張替え

本日は、池袋のFujigen Custom Houseへギター持って行ってまいりました。
2弦3弦の3Fあたりを押さえて弾くとビビる感じがあったので調整に。

で実際店員さんに見せてみると、
「これはビビりとは違いますねぇ。アンプから出てないし。気にしないことです」
とキッパリ。そんなもんなのねと納得して、
そこでネックの反りの特徴などの説明を受けました。
キレイに順反り、逆反りになるネックはほとんどなくて
ひねったように反ることが多いとのこと。

ついでに今回は持ち込んだ弦の張り替えを依頼しました。

IMG_0193.JPG
今後自分でやるので写真撮らせてもらいました。

IMG_0192.JPG
まず気をつけなくてはならないのは弦を緩める前に必ず
ブリッジに厚紙を挟むこと。緩めるとブリッジが後ろに引っ張られて
ボディ傷つけちゃうとこのこと。確かに。

IMG_0195.JPG
んで弦を張っていくわけですが、ボディー裏から通して
途中引っかかりがないようにピンとしてヘッドへ。
弦の長さはペグ2つ分くらいのところでカット。

IMG_0194.JPG
先っちょをこれぐらいクランク状にペンチで曲げる。
あとはくるくると巻いていく。

IMG_0196.JPG
たまに外巻してる人いるけど、このギターは内巻きです。(これって当たり前?)

張ったあとは弦を伸ばしながらチューニングして終わり。
オクターブチューニングは弦の太さ変えたときや弦高変えたときにやるので
それはまた次回!

posted by ぶうちゃん at 00:00| Comment(0) | ギターのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

モデリングアンプって?

オイラが最初にギターを手にしたのが30年前。高校3年生でしたか。
その頃のギターアンプといえばチューブかトランジスタ。

それが今やモデリングアンプとな!

なんや?モデリングアンプって。
色々とググったりして調べた結果、
ぬぁんとさまざまなラックを疑似的に再現して鳴らすとな!


さまざまなモデリングアンプの中でLINE6に的を絞り、
ショップへ。

しかし、部屋の中で鳴らすにはデカ過ぎる(音がね。)とのこと。
小さい音でイイ音だとこちらがおススメとのこと。

IMG_0180.JPG
それがコレ。YAMAHAのTHR10X。
昔のラジカセサイズで10W。
しかし、音はマーシャル100W的な音を出してくれる。
まーバーチャルとはいえよくもここまで再現してくれるもんです。

IMG_0187.JPG
PCにUSBにて繋ぐとPC側でいろんなエフェクター選べて細かいセッティングもできるという。
うちの押入れにセッティングしてみたけどこんだけのスペースに納まりんす。
iPhoneも繋いで音楽鳴らしながらそれに合わせて弾くことも出来る。


なんてデジタルな世界なんだーーーーーっ!

平成のこの世は実はとてもいい世界なんでしょか。

IMG_0182.JPG
気合入れて指動かしたら腱鞘炎に・・・。



posted by ぶうちゃん at 00:00| Comment(0) | ギターのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

ギター始めました

しれ〜っと。更新再開。

2016年はなんだか低迷でした。人間不信ともなりえるイヤ〜なこともありましたし。
なのでココもほったらかしだったんだけど、
そろそろ復活してきましたので再開デス。
もうイヤなことは忘れない。ず〜っと根に持った上で
生きていこうと思います。

あ、逆ですね。

もうイヤなことは忘れよう。

というのは嘘です。
たぶん忘れないでしょう。

と、再開と同時に支離滅裂感満載でお送りしておりますが、
たぶん誰も見なくなっているであろうこのサイト。
何でもかんでも書いていこう。
なので去年の振り返りから。

そんな低迷期において引きこもりになるべく、
家で遊べるものは何かと考えた結果、

そうだ!ギターを始めよう!

ってなりましてね。
そこでいろいろと年明け頃(2016年のね。)から物色し始めて、
その頃聴いていたDIZZY MIZZ LIZZYに影響されて
ストラト系がよかろうとFenderとか。
ってもなんだか自分の中でFenderとかGibsonとかって
「当たり前感」が前面に押し出されておりまして、
なんかイヤだなぁと思いまして、
FenderJapanが最初はニセモノストラト作って最終的には
Fenderに認められてFenderJapanになったように
日本人が日本で作ったものが良いなぁと思ったわけです。
そう、「純国産」ね。

すると、FujigenとかバッカスとかGrecoとかに。
その中でもバッカスがなんだか良さげ。
んでネットで見たり秋葉のショップとかに行ったりしてね。

っても実際に物を見てみるとオイラの中でNGな箇所が見つかりまして
そこで店員さんが見せてくれたのがFujigen。
フレットの処理とか超丁寧でこれも候補に。
んで、その時にショップの店員に「何系?」って問われた時に、
「基本、メタルなんすけど。」というと、
それじゃSSSはもの足りなくなりますよ!と。
確かにねぇ。

んで日を改めてこの投稿の日付の日に
池袋にあるFujigen Custom Houseに行ってきました。

そして選び出したのがストラトチックでかつワンハム入り、
SSHなんかどうよと。
このショップには試奏室なる防音部屋がありまして、
そこでクリアと歪み両方を爆音にて試したわけです。

この値段でこの造りでこの音。
今どきの言葉で言えば「コスパ」ってやつですよ。
そうコストパフォーマンスに優れているってやつですよ。

IMG_0170_1.jpg
Fujigen J-Standard ODYSSEY 色は部屋に合う感じで。

IMG_0171_1.jpg
リアにはSeymour DuncanのJB Model TB-4が入っております。
いい音してます。

IMG_0173_1.jpg
漢字ってのもイイですね!

IMG_0174_1.jpg
ということで今現在(2017/02/05)8か月経ちましたが、
基本練習を中心にやってきたからか
高校時代よりは弾けるようになってきました。

posted by ぶうちゃん at 00:00| Comment(0) | ギターのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする