2012年09月16日

「牛久第六戦」


まだまだフィールドは夏なんでしょか。

なので

IMGP0204.JPG
緑色地獄。


減水ということは完全に沖だろ!

と思っても実はそうでなかったり・・・

でも今日は初めてネコリグってもんに手を出してみました。

釣れたら自分のものになるんだけどなぁ。

もっと練習しましょ。

つーか本番で練習すんなって?
posted by ぶうちゃん at 18:42| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

「牛久第五戦」


真夏のぉ〜るんるん

牛久はぁ〜るんるん

IMGP0181.JPG

天国ですかぁ?

IMGP0180.JPG

極楽浄土なんですかぁ?

いいえ。


地獄Death・・・


奥に居ないと踏んで際。

しかし結果は沖。

おっぱずしですた。。。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

「ぺんぺんぺんぺんっ!」


夜明けの首都高。

IMGP0135.JPG

当然BGMはメタル。

この時はちょうどジューダスのMETAL GODSでしたかね。

「め〜ったるごーっ」ずん。ずるるん!
「めーたるごー」ずん。ずるるん!



と、


釣行記で前置きが長いと大抵釣れてませんね。

そうでうね。その通りでございます。

IMGP0149.JPG
みっきいがぺんぺん釣って、

IMGP0151.JPG
かどんが新調したグローブがスマホ対応してたことに驚愕し、

IMGP0155.JPG
入道雲もくもく。夏だねぇ・・・


すいませんでしたっ!

今月末また行くとする。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

「牛久第4戦」


本日は牛久沼第4戦なんですよ。
水位上昇で奥にいるであろうグッサイを狙います。

んが!

IMGP0128.JPG
朝っぱらから風がびょおびょおDeath。。。
手前にあるガマを超えて後ろに控えているアシ(黄緑色のとこ)を狙うのだけど、
手返し悪いしガマがライン叩いちゃってこりゃダメだ!

ゴルフ場から西谷田河口まで流してギルバイ一つっ!さすが牛久Quality。

IMGP0131.JPG
優勝は2,450g、二本で!
準優勝は2,220g、一本で!
3位は1,900g、一本で!
釣れれば天国なんですな。牛久ってやつぁ。
まさに天国と地獄が味わえるとこなんですな。

くやしーので軍曹が持ってきたタックルお借りして
クチボソとか小ギルとか、タナゴとか。

IMGP0132.JPG
ん〜・・・ピンボケ残念。
これは軍曹が釣ったタナゴ。何タナゴなんでしょかね?
めちゃくちゃキレイですなぁ。冬になったらちょいと始めてみますかの。
こうやって小物釣りしてみますと、
とても豊潤な湖だということを実感できますね。

最近、ますます牛久が好きになっていくのが怖いです。


というか、次戦、がんばります。ですよ。
posted by ぶうちゃん at 23:14| Comment(4) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

「ブーイング」


さ、そろそろ夏ですな。もちっとでね。
かどぅんに誘われて行ってきました。シイラ様を釣りに。

IMGP0116.JPG
曇天の空でしかもうねりが入っておりまして、
船長もシイラは今日は釣れねぇと思ってたらしく、
サバ、イナダでお茶を濁そうとしておりました。

DSC01813.JPG
のっけから船長の思惑通りイナダを釣るかどぅん。

DSC01814.JPG
サバでもエキサイティングーなオイラ。
釣りは釣れてなんぼのもんなんですよ。

しかし、かどぅんは決してあきらめておりませんでした。
操船室へ直談判しに行きました。

「ブイをやらせてはもらえぬか!」

船長はその熱意に打たれたのか、
「居ないかもしれないけどやるだけやってみよう!」
と言ってくれる。

DSCF2566.JPG
そしてブイへ到着して一投目で結果を出すかどぅん。
船長もこれには思わず喜んでくれたよーで、
「次も行っとく?」ときたもんだ。

DSC01815.JPG
次のブイではぺんぺんを上屋敷持ち。
みっきぃもドラグじぃじぃいわしちゃっております。ばれちゃったけど。
船長もなんだか徐々に調子に乗ってきたらしく、
「次行ったらもう他の釣りできなくなっちゃうけど、行っとく?」
ときたもんだ。

最後のブイはボスキャラ級のデカイブイです。
ますます雲も厚くなり、あたりは暗くなっております。
ここでメーターオーバー釣ったらドラマだね。などと言っておりました。
ブイのまわりにはメーターを軽く超えるシイラ様の群れが
ちょい深めのところを回遊しているのが見えます。
活性が低いのか、スイッチが入っていないのかルアーに見向きもしません。

かどぅんとオイラはなるべく表層へ誘うべく手を替え品を替え。
しつこく何度も何度もルアーを投入します。

しばらくすると、だいぶ反応するようになってきました。
そしてかどぅんのドラドジャークにバイトしたのだけど、
早合わせしちゃって惜しくもバラし。

DSC01819.JPG
オイラはリップルポッパーにチェンジ。
雲の切れ目で一瞬あたりが明るくなった瞬間、一気にシイラ様にスイッチが!
ふわっと表層へ出てきて迷いなくオイラのリップルポッパーにガブっと!

まず、船に向かって来たので超高速巻き巻き。メーターはゆうに超える魚体。
船下にもぐられないように横へそらした瞬間!一気に正面へ走る!
ものごっつトルクのある引きで固めにセッティングしたドラグを出す。
ジャンプに耐えるべくロッドを下へ構えるのだけど、
そんなもん痛くもかゆくもねぇぜ!と言わんばかりに猛烈ジャンピングー。

またやっちまいました。
去年に引き続きメーターバラシです・・・

あまりにも悔しいので来週もブーイングしに行きます。
こんどはターミネーター連れて行きます。

DSC01823.JPG
どうもすみませんでしたっ。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(4) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

「水郷パリオカ」


ここんとこ釣りに行けてないつる吉君。
そろそろ行っておかんとねと水郷へお誘い申し上げたら、
二つ返事で「行く!」と。

まずはキタトネ。思いのほかパリオカ人口が多い。
ギルの横っぱしりなアタリのみ。
なのでつる吉君のお気に入りへいどぅです。

ラトルトラップをクリクリと底付近を巻くと、
ぐおぐおと小さいのによー引きます。

IMGP0110.JPG
なんだか白い砂浜のような光具合。
広くなった護岸。こんなに立派にせんでも。
ギン君は相変わらずバス君に興味津々です。


あとはつる吉君が釣るだけです。
ヘチ狙いでしたがオイラのラトルトラップを引っつかんで
クリクリと巻きますと、

IMGP0111.JPG
まぁまぁサイズが。つる吉君久しぶりのバスでござる。
その後は角ヘチとかやって2匹追加。

おなか一杯で帰宅です。

posted by ぶうちゃん at 23:19| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

「240g」


いやぁ・・・さっすが牛久沼です。

一筋縄ではいきません。

本日牛久第三戦。

塚本対岸ウエッピングにて240g。

エリアは合ってたか??

でもフワフワ系だったか??

1/16ozのシンカー買わんとイカンか??

IMGP0107.JPG
んでここのところ調子あげております痴ム兄さん。

今回1800gのナイスフィッシュにて2位の座に!

やったね痴ム兄い!

でもやっぱり普段からいろんなことをスポンジのように吸収している痴ムさんは

勝つべくして勝ったのでしょう。


オイラも来月がんばりますかの。

posted by ぶうちゃん at 21:20| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

「はちろうツアー」


さ、おひさしぶりの釣行記でございますなぁ。おまっとさんです。
今回ははちろうへ行ってきましたヨ。
久しぶりのはちろうは意外と近く感じましたな。
不漁オヤジのテラさんの船に乗っけてもらいました。あ~ざぁっす!
そして同行はとまほーくさんですヨ。

■6月9日(土)

さ、初日。朝一はTOPを。ちいちゃいバイトのみ。
なのでいどぅです。

IMGP0053.JPG

このメンツでバス釣りするのは10何年ぶりでしょか?
いつのまにかみんなオヤジになっとるが、
心の真ん中はまだ少年のままなのである。

一発目のポイントでテラさんがキロ超えを獲る。が、
イキナリのっけからの写真パスモードである。さすが常連さんは違うのである。
なので写真ナシ。


IMGP0054.JPG

溝へいどぅ。
ドカン!といきなりのキロ超えがお出迎え。あぁざぁっす!
なんだか久しぶりにちょい手が震える。


IMGP0055.JPG

とまほーくさんも引き続いてドカン!!と。
やっぱ上手ぇっすよ。


IMGP0057.JPG

久しぶりのバスボート。滑るように走ります。
しゃしゃしゃしゃっと波切ります。

やっぱいいよなぁ!ボート。気持ちがよいよい。


IMGP0058.JPG

風圧もスゴイんで過呼吸気味になってしまいます。
バスボ呼吸法を忘れておりました。


IMGP0059.JPG

んでんで、オイラ過去最大級を頂きましたっ!これは嬉しい!
顔を出したときは震えましたわ。獲って膝ガクガク。
冷静さをキープするのにちと苦労する。


IMGP0062.JPG

こ〜んなとこから出てきました。いかにもおいしそうなとこですなぁ。
一旦流したんだけどテラさんどーしても気になるからもう一度じっくりやりましょってんで
引き返しての結果。恐るべし狩人の嗅覚!


1339343155.jpg

溝の溝へいどぅ。
ヘビーカバーな釣り。
オバハンの奥に入れたところでもんどりバイツでございました。
これもデコイ。デコイでこれも!
前回ので写真パスモードのつもりが・・・KYですんません。


201206091321000.jpg

ここで30分ほどのお昼休みです。みなさん徹夜明けなのでシェードで爆睡です。
これがまた気持ちがよいのですよ。


IMGP0064.JPG

さ、午後の部。もう一度溝に戻ります。
んでバゴン!ととまほーくさん。


IMGP0065.JPG

んでテラさんも続きます。


IMGP0066.JPG

夕まづめはTOPをと。しかし今度はなにも起こらず。
つーことで本日は納竿でございます。
しっかし数はでんが大きさはぱねぇっす。


■6月10日(日)

朝、4時起きのつもりだったが雨がざんざ降りでして、
6時起床でございます。
でもまだちっと雨が残っております。

1339343504.jpg

一発目は溝の内側。風雨がびゃんびゃんです。
そんな中なんなくテラさんが口火を切ります。
あ、写真パスモードですね。


IMGP0067.JPG

んで対岸へいどぅ。
懐かしい匂いのするアシの群生地帯です。
こりゃ撃ちまくるしかないっしょ!


1339343656.jpg

小さい4inのワームをひったくるようにもっていきました。
筋肉質ですなぁ!

場を休ませるためにもう一度対岸へいどぅ。


1339343788.jpg
1339343804.jpg

二日目にしてよーやくやり方がわかった気がします。
完全に今までのは間違っておりました。
そんな中でのお魚さんは嬉しいのぉ!

休ませておいた対岸アシへいどぅ。


1339343696.jpg

底質を探るためにロッドティップを突っ込んで調べてたら
いつの間にか食ってましたぁ!
おどろきのラッキーフィッシュッシュー!
つーかキャストしてからそんなことしてんなって?


IMGP0068.JPG

確かにサングラスしとらん・・・
テラさんがあそこにいるから投げて!と言ったのにもかかわらず
サングラスをしていないばっかりに魚が見えず、
とりあえず投げてみたら素直に食って来ました!
これまたラッキーフィッシュッシュー!


IMGP0069.JPG

んでよーしゃなくうろうろする個体を渾身のフッキングーで仕留める
鬼のよーなテラさん!

アシ際にはいろんなドラマがあるのですね。


IMGP0070.JPG

気が付いたら雨も上がり、さわやかな青空に。
はちろうの空はホントにキレイです。
やっぱ日本海側の空はこういうもんなんでしょか。
越後でもこういうの見られますよね。


IMGP0073.JPG

そんな青空のもと、歯並びのいいアシを撃ちます。
この歯並びのいいがキモ?あ、言っちゃった。


IMGP0078.JPG

お昼になり、オイラ達はかんとーへ帰らなくてはなりません。
後ろ髪を引かれつつポイントを後にする。


IMGP0081.JPG

さよーならはちろう。また来るからの。
テラさんとまさん、ほんにありがとうございました。
おかげさまでなにかが吹っ切れた感じです。


posted by ぶうちゃん at 22:31| Comment(6) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

「サンデー印旛」


2012-03-25 10.44.52.jpg

イイ天気ですなぁ。

そんなイイ天気な本日はサンデー印旛の日でござました。

朝6時出船。気温は1度となんだかもう春は来ないんじゃないかなと思わせます。

手繰をちょいと遡ってすぐ引き返す。水が冷たいのですよ。

この時点で8度。


なので阿宗橋方面へ。

水温は徐々に上がって行き11度まで上がってきました。

複合技的なものごっつ釣れそうなポイントも見つけたのだけど、

なんの反応もなし。


そのまま引き返して巻き巻きしてみますが時折コイかフナのスレアタリが

あるのみで、全くのスッカラカンでございます。

なんだか雲行きも怪しくなり雨雲に追われるように退散です。


こりゃ来週は牛久だな。印旛に魚はいね。いねっす。
posted by ぶうちゃん at 21:27| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

「開幕!」


さぁさぁ!開幕ですよぉ。

なにがって?

コレですよコレ。

2012_0318_210616-2012-03-18 21.06.17.jpg

F1ですよ。今年からうるさい地上波を離れBS波にて放送です。

なのでゴルフの実況なみに静かに見れます。

川井ちゃんと今宮先生も久しぶりです。

T-SQUAREの曲も復活です。やっぱこの曲だよね。

アイスマンライコネンさまも復活です。カムイに喰らいついてきます。



って・・・違うって。



本日は牛久大会の開幕戦だったのですよ。

3月の牛久は出ればでかくて入賞間違いなし!なのだけど、


出ませんでした。


本湖を一周して終了。やっぱり川だったよーですね。残念です。

でもやりきった感満載でございます。

次は5月。がんばりましょ。

posted by ぶうちゃん at 21:41| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

「同窓会的メバル釣行」


本日はなんとも長〜い一日でございました。


2012_0218_062212-2012-02-18 06.22.13.jpg

朝6時に目を覚ますとですね、ここ千葉地方はうっすらとではありますが、

雪が積もっておりましてね。


2012_0218_062301-2012-02-18 06.23.02.jpg

ギンも冷たそうに歩いております。



昼間は病院に行って検査結果を聞きに行ったりしとりまして、

2012_0218_162311-2012-02-18 16.23.12.jpg

夕方になりオイラは西へ西へと向かうわけです。


2012_0218_183349-2012-02-18 18.33.50.jpg

んで、日が暮れて、かれこれ10何年?になりましょうか。

そんななつかぴー方々とのメバル釣りでございます。

風がびょぉびょぉと吹いてるのに船を出してくれるicfcさんには感謝感謝でございます。


最初はカサゴ場から。

のっけからなにげにTBで買ったKEITECHのなんちゃらワームにカカカンとあたりありで、

偶然にも乗せることができましてかわいいカサゴ君が釣れちゃうわけです。

この釣りは何度やっても面白いですね。



んで、メバル場。


2012_0218_195630-2012-02-18 19.56.30.jpg

トマホークさんが炎のメバル様をこともなげに釣り上げます。


2012_0218_201531-2012-02-18 20.15.32.jpg

俊ちゃんも負けじとデッコイの。ん〜こりゃいい魚だ。

手振れっててごめんねごめんね〜。


2012_0218_202929-2012-02-18 20.29.30.jpg

そして毎度毎度船手配ありがとうございます。寺さん。

なにげに後ろからサクサク釣ってプレッシャーを与え続けます。


2012_0218_203535-2012-02-18 20.35.35.jpg

んで、Mr.SINO。

あれれぇ?魚が違いますけどぉ。

よー上げはりましたな。


んで、オイラはアタリはあれど乗らず連発。まったくいいとこなし。

でも逆に面白かったりして。

icfcさんすんません。こんどからちゃんと素直にナイロン巻いて行きますから。


いやはや横浜にはいろんな人が居ました。



さ、明日は免許の更新です。相変わらず「青」のまんまです。悲しいです。

posted by ぶうちゃん at 23:59| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

「初釣り」


まったりとゆるりと初釣り行ってまいりました。

三連休最終日。ぽかぽか陽気の中。ひじょーにカンツリ日和。


2012-01-09 14.22.57.jpg
朝遅めに11時から。いいんですよ。このゆるさ加減が。


2012-01-09 11.59.55.jpg
今回はかどぅんみっきぃと。

この二人、初カンツリ。

でもメバリストの二人はなんなく水揚げしてくわけです。

なんか似てるんすよカンツリとメバルって。


2012-01-09 15.37.39.jpg
んで、夕日に沈むWalton。

ごゆるりと贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

ほんにありがたいこってす。


さ、2012。

始まりました!

posted by ぶうちゃん at 20:11| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

「マッデイフラット部活動」


朝は5時50分に起床。まずはギンの散歩。

6時半に家を出ると水郷地帯には8時くらいに着く。

マッデイフラット部の面々と合流してまずはヨコトネキタトネ。

んでラトルトラップにこんなのぐぁ〜・・・

2011-10-30 09.29.03.jpg

ずーなま。久しぶりに釣りました。


そして与田浦千本ノックやりに。

ここはいつ来ても風がびょーびょー吹いてて、なんだか切な〜い感じになります。

各自千本打ったでしょうか。

そんな頃合いにつる吉君が遠くから

「釣れたぁ!」

ダッシュで向かうも途中、痛恨の、あぁ痛恨のラインブレイク!

悔しいデス!悔しいんデス!

2011-10-30 13.49.20.jpg

昼になり、海鮮丼を。実はホントはコレが目的だったりして。

2011-10-30 13.48.59.jpg

かどぅんはエビ天丼。たまにがらがらと崩れます。凄いね。

午後はヨコトネ。

しかしギルバイのみで終了!

マッデイフラット部4タコ確定!

もうそろそろブラックバスは幻と化します。

幻がさらに幻になりそうです。





posted by ぶうちゃん at 23:30| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

「減水の牛久沼」


はい、牛久第5戦でございます。

朝から南からの風がぶはぶはと吹き荒れておりました。

6時半スタート。

とりあえずスタートしてすぐのアシを撃ってみる。

色々やってみる。しかしノー感じ。

ちょい沖目の杭筋をガラガラで。

そしてコゴン!とバイト。

でも乗らず。鯉かもしれんね。

アシ島へ移動するときに時折ワカサギと思われる小魚が

ピンピンと跳ねる。

こういうのについてるのかなぁと、

5gゴールドスプーンを投入。

アシ島の杭付近でワンバイトのみ。

橋脚に移動してチョメチョメしてる時に、

オダでやってた人が釣ってるのを発見。

こりゃまたオダ探ししとかんといかんな。

今回魚探なしなのでオダを切り捨てる。

再びアシに向かってガラガラ。

そしてンゴンゴっとバイト。

ちょい油断してたからフッキング動作まで至らず。

ん〜っ・・・。

なんだか体の反応が年々遅くなってる気がします。

10時半、一旦振り出しに戻って朝飯。

全てのプランをリセット。

ラバージグくくって一投目でロスト。

なんだかリズムが噛み合ってない感じ。

結局成すすべもなく終了。

もっともっと引き出し増やさないとイカンですな。

2011-09-18 06.24.59.jpg
チム兄さんは小鳥を連れて来てました。

今日は頭に乗ってます。

こんな強風でも逃げません。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

「ウナラーへの道」


朝一に江戸っ子ハル兄さんより入電。

「中潮二日目ですし、どうでしょう?」

さ、ウナラーへの道。今宵いよいよ開幕デス。


6時頃日が沈むくらいに開始。

んで、開始早々つる吉君が鈴を鳴らす。チリンチリンとね。




これはおそらく一般のスーパーのパックに入ってるサイズと思われる。

よく、うなぎ屋の暖簾とかに「う」の字がうなぎになってたりしますよね、

そんな感じじゃないっすか?

んで、その時のつる吉君のファイトを見てみると意外や意外、

めっちゃ引いとるし。こりゃうかうかしてられんなぁ!

いきなり結果が出てしまい、ウナラーとなったつる吉君を追うべく、

オイラは何をひたすらやってたかといいますとね、


鈴が鳴るのを待つ。


そう、この釣りはがむしゃらに何かをやって結果を出すといった

「動」の釣りではなくて、この静かに時を待つ「静」の釣りなのですね。

ま、まだウナラーになっていないこの時点では受け売りですけどね。




そして一時間が経過した頃でしょうか、オイラの竿にけたたましい鈴の音が。

竿を持って行かれそうなイキオイにオイラたじたじとなりつつ、

頃合をみてエイヤ!と合わす。まぁ向こう合わせ的な釣りなので、

ここまでやんなくてもいいのだけど、ま、一応やっとかんとね。




そしてファイト。こりゃめちゃめちゃ引きます。例えますと、

太刀魚のそれに近い感じが致します。表現してみますと、


「うにうにうにぃ!」

「するするする〜」

「うにうにうにぃ!」

「するするする〜」


わかって頂けましたでしょうか。

このうにうにの時はとにかくトルクフル!




にょろにょろにょろ〜っと姿を現す。正真正銘の天然うなぎ様の登場です。




釣ッタカター!釣ッタカター!と、行進もしたくなるもんですよ。

これにてオイラはウナラーです。




そして、小一時間経ったころにハル兄さんも釣ッタカター!と行進です。




その30分後、つる吉君に二匹目の鈴の音。

うにうにをかわし、するするで巻く。




ギンも「なんだ?なんだ?この長いのは。」という表情。




釣ッタカター!釣ッタカター!




合間に何匹かは釣れておりまして、なかなかの釣果。

どっちゃりとクーラーに入りました。

なんのかんので0時半まで粘って最後の最後に、暗闇から聞こえてくるあのフレーズ。


・・・釣ッタカター!釣ッタカター!釣ッタカター!釣ッタカター!
釣ッタカター!釣ッタカター!釣ッタカター!釣ッタカター!




と、ハル姐さん登場!!


お後が宜しいようで。

ウナラーナイト。今後も続く。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

「雨の牛久沼」


さ、牛久第四戦。雨の牛久沼。

一昨日から急に涼しくなって、ガンガンと雨が降り、

水位も急上昇から急降下。数値だと6.1→5.9って感じ。

なんだ20cmだけじゃん。って思うかもしんないけど、

牛久の20cmは大きく魚が動く。そんな気がします。

6:00試合開始。

とりあえず、奥には居ないだろうとキワキワを狙って行く。

しかし全くノー感じ。

ちょいと奥に入れてみるがショートロッドのみの搭載だったので、

手返し悪っ!とすぐにやめる。

再びキワキワへチェンジ。

9:00 ラバージグ着底からピックアップ時に猛烈バイツ。

惜しくものらなかったがこりゃ上で横なのか?と

しばらく上で横をやる。


キャノン上流まで遡るが水が今ひとつな感じ。キワも浅いし。

なので再び茎崎下流のアシへ戻る。

塚柵手前のアシワンド奥のキワキワでジャンボグラブによーやく横っぱしりなヤツが!

小さいけど嬉しい一匹。これでノーフィッシュは免れた。

塚柵までやってまたそのまま折り返す。

そしてまたまた同じところでさっきの倍くらいのがぐぁばぐぁばっとバイツ。

おそらく二匹でキロくらいかなぁと予測。

もう一匹追加でポイント圏内かなと

マシーンのように撃つ。


しっかし釣れね。


結局20位。ギリッギリのポイント圏内。ふ〜・・・


上位は軽めのシンカーを使ってて、

あ〜っ・・・と。なんで替えなかったんだぁ!

オイラずーっと5g。反省デス。

でも大会ってのはこうやって答えが出るからイイよね。


灼熱地獄を覚悟してた8月第四戦は予想外の雨そして気温も20℃くらい。

寒いくらいな感じでございました。

9月戦の方が暖かいかもしんないね。

さ、次行ってみよー!

posted by ぶうちゃん at 20:17| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

「かどぅんシイラ物語」


6月半ば、かどぅんは

「そろそろですねぇ!」
「梅雨明け一発目がイイって言ってたじゃないっすか!」

しかしオイラはその頃シイラどころじゃなくて

「今年は無理かもしんない。」

と言い続けておりました。


それにもめげず、7月半ば、かどぅんは

「もう落ち着いたんですよね?」
「そろそろどうっすか?」

まだまだ受け入れ先も決まっていない状態で
そんな気にもなれず

「今年は無理かもしんないねぇ。」

と言い続けておりました。

そう、かどぅんと職場で会えるのは月曜日のみとなってしまったので、

毎週月曜日になるとかどぅんは再三の誘いを掛けてくる。


そして8月。受け入れ先も決まり、落ち着きを取り戻そうとしている月曜日。

例のごとくかどぅんの猛攻に合う。

「ヨシっ!アジロボートを予約しなさい。」

の声に即座に反応するかどぅん。まさに粘り勝ちである。


大きい船がとれなかったので9.9psの小さい船。

はたしてこれで行けるのか?不安を胸に当日を迎える。



前のめり気味に到着。夏の朝日。
防波堤からチョイ投げてみる。が無反応。




6時に受付開始。ばたばたとしてて船待ち。結局7時出船。

昼まで勝負なのでちょい焦る。




さ、出船です。が、意外と風が出ててスプラッシュマウンテン。びしゃびしゃです。

それでもね、ブイよりむこうっかわに行きたいのですよ。シイラ釣り船としてはね。


ブイ付近をランガン。9時までやって何にも起こらず。

こりゃ沈んでるか居ないかどっちかだなと、

ジグを沈めてたかどぅんに生命反応。なんか釣れたようだ、

上がってくるとどうやらフグのようだが、なぜか青い光が。

ぬぁんと水面に上がってきたフグの後ろにはメーターシイラ様がっ!


アドレナリン高騰。


かどぅんはフグが付いてるので、みっきぃに「投げろー!」と指令。

しかしなんかトラブってたからかなかなか投げない。

水面に上がったシイラは悠々と再び沈んで行こうとしていたので、

オイラが足止めのためにジグを水面早引きしてみると二投目にしてバイツ!

最初はガバガバガバっと水面で暴れた後、凄まじいスピードで

ドラグを出して30mくらい突っ走る!久しぶりのトルクフルファイトに

オイラ成すがままとなってしまいジャンプ一発フックアウト・・・

かどぅんとみっきぃは初めて見るこの光景に


アドレナリン高騰。




逃げてしまったのは残念なのだけど、姿が見れてホッとする。

こうなったら撒き餌だ!とばかりにコマセカゴを沈めてフリフリ。

いいんです。これで。これで寄ってくれて姿を見せてくれさえすればイイんです。

するとコマセカゴが珍しかったのか小ぶりのシイラ様がコマセカゴ見ながら上がってきます。

すかさずみっきぃに「投げろー!」と指令。今度は矢継ぎ早に投げたがルアーには見向きもせず。


よーっし!とばかりにコマセ作戦続行。

コマセカゴを使わず水面に撒きます。

しばらくするとワラワラと寄ってきました。


アドレナリン高騰。


かどぅんはワインドをやっててコバルトブルーが猛烈バイツ!




キレイですねぇ。夏って感じです。




ファーストフィッシュを掬うのは勇気がいります。

なんとか掬えました。




かどぅん待望のシイラ様。

毎週月曜日に誘い続けた努力が実りました。

オイラも震えるくらい嬉しかったヨ。かんどーデス。


隣の船がアマダイを釣っているのを見て

オイラもオカズ釣りたい!と、その後コマセやり続けて




目ん玉ズガーン!のメバル様。

港に居たティアドロップサングラスのおっちゃんの言うとおり、

煮付けにして食っちゃいました。んまかった!


夏。堪能いたしましたです。

posted by ぶうちゃん at 23:00| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

「夏休みな一日」


本日は久しぶりに竿を握りましたよぉ。

甥っ子二人ボーズ2号3号を連れてバエンです。

ここに来るのは初めてなんだけど

夏空タフコンディションで10歳と8歳の子供に

簡単に釣らせてくれるんでしょか?


6時半頃に現地着。平日なのに意外とお客さんが多い。

受付を済ませると、




53pのグッサイがお出迎え。

こんなん釣りたいのぉと欲を出す三人。

どこがどうしてどうなってるのか

全くわからないのでとりあえず空いてる場所で

キャストの練習です。

やっぱり子供ってのは飲み込むスピードが

オトナの10倍増なんでしょか。

さくさくと投げられるようになりました。


ある程度投げたところで


「巻いて釣るルアーがいい。」


と言い出したので、ベイトサイズを考慮して

蝦夷50Sをくくりつける。

バス管って意外とこの渓流ミノーが

効いたりするんだったような。


んで、ボーズ3号が結果を出す。




ここでバーン!とバス持ち写真掲載するとこだけど、

残念ながら手元で自動的にリリース。

さすがに渓流ミノーシングルバーブレスじゃバレるってか?


バエンのお兄さんが「お父さんですか?」と聞いてくる。

めんどくさいので「はい。」と応える。

「この時間からバスはディープ寄りになるので桟橋のほうがいいですよ。」

と親切に教えてくれたので移動する。


ここで常とかノーシンカーとかやってみますが、

どうもこのスローな釣りに耐えられない二人。

時折豪雨。時折お日様。カッパを着たり脱いだり。

久しぶりに夏らしい天気のような気がします。

去年はただただ日照で暑いだけの夏でしたからのぉ。



いつの間にやら11時。ぬぁんとここバエンは夏休み期間中は平日ランチがタダ。

早めの昼飯にする。




生姜焼き定食をがっつくボーズ2号。

ちなみにボーズ3号は特製カレーライス。

1号はから揚げ定食。これがまた旨かった。


唯一お魚さんを釣ってるボーズ3号、

「ディープは退屈。朝一のシャローをやろうよ。」と提案。

午後からはそんなシャローからスタートしてみますが、

まったりとした時間が過ぎるばかり。


流れ込みのポイントが空いてたので対岸へ移動。

そこでもしばらくミノーを引いてみますがサスガに食いませんね。

どー考えても常のほっとけとかノーちんかー放置なんだけどなぁ。

と、オイラも半ば諦めの境地に立ち、

どうしたもんかとつる吉君に電話。


「イモにして10数えてチョンチョン」という答えが。


「つる吉おばちゃんがそうしろって言ってるよ」と伝えると

気分を替えたいからか素直に従う。


んで、ボーズ1号に待望のぶりゃっくバスが!


「さすがつる吉おばちゃん!」と

しばらく興奮。




本来であればだよ、ココでバーン!とバス持ち写真掲載なんだけど、

カメラ構えた途端にバスが暴れて水へダイブ。ん〜残念。


しばらく高活性のまま続けたが粘りすぎるとツライだけなので

15時納竿でございます。


さて、次回はどこ連れてこかなぁ。

posted by ぶうちゃん at 23:26| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

「とりあえず練習なのだ!」


本日は梅雨の合間の晴れ模様。

というか晴れ過ぎでしょう。




「わっ!」と湧き上がる生命感。気持ちが良いのぉ。


とりあえず前回のおさらいをやってみますが、

まったくもって変ってる感じです。

ま、コレはオイラのやってることですから、

ひょっとしたら他の人は前回と同じだと思ってるかもしれませんね。

でもま、オイラのやった分に関して言えば全く変わってる。


なのでガマアシの境目を狙ってラバージグをウエッピング。

着水音を確認しつつ丁寧に撃ってみます。

すると「ぐおんぐおん!」と生命感が!いたよ!幻がぁ!

すかさず仰け反ってフッキンっ!

でも途中でバラシ・・・ずぁんねん。


それから延々とウエップウエップ。気が狂いそうになります。

本来であればお昼にあがるのだけど、

どーしても確立しておきたかったので、

粘ります。今日は粘るんデス。


時折テキサス。

んで、小気味良いアタリとともにテール切られる。

お魚さんの感触が欲しい頃になってきたので、

すかさずカットテールに替えて正体を暴く。




やっぱ青ヒゲさんでした。

しっかしまぁ久しぶりに会いました。

「ご無沙汰デス!」


おっといけね。アシエグレやるの忘れてたぁ!と

対岸へ。

ポコチンをエグレに挿入する。


え〜っ!前でやってたお方が幻のぉブラックバスおおおおお。


気づくの遅すぎました。

でもイイ練習になりましたヨ。


再来週、第二戦です。がんばろー!


posted by ぶうちゃん at 20:49| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

「五月のハエは五月蝿い」


風薫る五月。とっても気持ちが良い良い。

朝一にギンの散歩をして掃除洗濯。

朝飯を食らって窓全開で風を部屋に入れる。

のんびりと横たわって録り溜めたビデオを観る。

早明浦ダムのスポーンバスに驚愕し、

あかりちゃんの悔し涙に共に泣く。

ほんとに惜しかった。オイラ一気にあかりちゃんファンになっちまいました。

そんな午前。

じゃぁ午後からは釣り行くべと横利根まで一っ走り。


まずは北利根沿いにあるいつもの喫茶店に行って

特製オムライスをあふあふと。そしてアツアツナポリタンも。

〆にこれまた特製カボチャのシフォンケーキ。これが絶なのです。

おいしいアイスコーヒーと共に一服。至福の時間。


あ、はやく釣りしろって?


夕まずめまではまだまだ時間はあったのだけど、

目の前の北利根でちょいと竿を出してみましたらば、




ドカン!とイイ感じの。

今回はいい加減にこのリールに魂入れんとと、

あえてのスピニングタックル。

アブなのにカチカチとダイワちっくなドラグ音。

これ絶対ダイワだよね?

ま、どっちでもいいですが。

一部始終を見てた群馬からお越しのおじさまおばさま。

「初めて釣ってるとこ見ましたぁ!」と感動されておりました。

喜んでもらえて光栄です。


ベイトタックルで常ってたつる吉君が再起不能のバックラやっちゃったので、

オイラのスピニングを渡して車に戻って別タックルを仕込み中に

大きい声で釣れたぁ!と。




砲弾の魚体。グッサイっです!

なんだかいまさら思ったのだけどブラックバスって五月が旬の魚なんでしょか。

よー引くし。

オイラのタックルだったのでワームはミートヘッドのイエローコア。

今ミートヘッドって売ってんすかねぇ?補充したいんすけどねぇ。


今回の目標は各自一匹ずつだったので帰ろっかとなるのだけど、

今回の目的地は横利根じゃね?と、ちょいと寄って




小さいけどいいんです。ルアーはポパイリングのイエローコア。

じつはオイラ、イエローコアフェチなんす。

なんでもイエローコア。

でもそんな色はゲイリーにはありません。


そんなゲイリーの231カラーはつる吉君の得意カラー。

猫も杓子も231。いつでもどこでも231。そんな感じです。

そんな231カットテール猫掛けで2匹バラシ。惜しいっ!


いい加減陽も傾いてちゃちゃっと帰りましょ。

ん〜・・・やっぱ五月は一年の中で一番気持ちが良いんじゃないでしょか。

posted by ぶうちゃん at 22:25| Comment(2) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。